FC2ブログ

新宿南口 医療プレイのAU

AUと言っても携帯ショップぢゃないよ
れっきとした医療プレイ店として一時期注目を浴びていました
小生はエネマ画報とかいう雑誌で同店の存在を知り、興味の赴くまま伺ったわけさ
記憶を辿ると恐らく二十数年前のことです
今回もまたお食事中の閲覧はお勧めしませんw

お仕事終了後の春の夜、AUに電話するとやけに明るいハキハキとした女性が診療内容や料金と時間について説明してくれました
新宿駅南口から少し歩いた甲州街道沿いのやけに小綺麗なマンションの一室だったと記憶しています
どうしてもe&caと比較してしまうのですが、建物の新しさとか部屋のきれいさ明るさはAUの方が優位ですが、e&ca独特のあの暗さ妖しさオカルチズムは他には真似できないエネマプレイの雰囲気作りにマッチしています
まあそれぞれの長所を前向きに楽しむことですなw

部屋に着きチャイムを鳴らすと、やけにかわいいナースが出迎えてくれて、このナースに治療してもらえたら嬉しいなと思いました
「どうもこんにちは」などと陽気に挨拶すると、指を口に当てて「シー」とジェスチャーするナース
わけわからぬまま狭い待合室に通されると「すいませんね、今先の患者さんの治療中なんですよ」とのこと
どうやら小生の先の患者同志が延長した模様で、隣室の物音と声が聞こえてきます
カチャカチャというガラスや金属が触れ合う音とかすかな水流音
そして「今カテーテルが一番奥まで差し込まれてるんだから我慢しなさいよ」という女性の冷たい声
それに覆いかぶさる超キモい「あ〜あ〜 」という男のあえぎ声…
実におもしろいwww

思わず口を押さえて笑ってしまったので「すいませんがこれで30分程外出してお茶でも飲んでて下さい」
そう言って500円硬貨を手渡すナース
前代未聞の対応に、予約してるのにこれはないよなと思いつつもナースの可愛さに負けてしまい、仕方なくドトール行きです

きっかり30分後に戻ると、さっきのかわいいナースともうひとりのオトナっぽいナースが不手際を詫びながら診察室に迎え入れてくれました
おわびに小生も無料で延長してくれるそうで、今日はもうこれで〆にするそうです
先の同志患者が大枚落として行ってくれたので日割目標をクリアしたものと思われます
料金は当時のe&caと同額だったと記憶しています

20畳くらいの診察室はフローリングに真っ白な壁がきれいで、この部屋で行われることとのミスマッチぶりがなんとも著しく、婦人科診察台が2台とイルリガートルにガラスシリンダー、エネマグラにシリンジ、クスコにアナルパールその他諸々お馴染みの医療器具が一通りそろっていて必要以上に明るい室内照明に反射して冷たい輝きを放っています

ちなみに、婦人科診察台がなぜ2台並んでいて仕切りも何もないのか非常に気になりナースに質問したところ、たまにカップルで治療に来る患者がいるのでとのこと
そのために常時ナース二人のシフトを組んでいて、一回だけ二人で来た男性患者を同時に治療したこともあったとか・・・
この道も奥が深い
小生などまだまだひよっこに過ぎないことを痛感しました

さきほど500円くれたカワイイ系の中山さんが担当ナースです
まずはシャワーを浴びるように云われひとりで身体を洗い、部屋に戻って身体を拭き終わると顔にボールギャグをセットされてしまい
これも着ける?そう言って出したのはナースキャップそして黒のブラジャーとガーターですが、変態なので勿論着用です
次に前かがみになり両手を拘束されて婦人科診察台の柱に固定されます
そのままお尻を突き出す格好をとらされアナルにワセリンを塗られるやいなやいきなしシリンダー浣腸です
600ccほど注入されしばらくそのままの姿勢で我慢を命じられます
中山ナースは自分の役割を心得ているのか、プレイ中も不思議少女的なキャラを演じ続け
苦悶する小生の前に来てニコニコと表情を覗き込んだかと思えば、後ろにまわり「お尻の穴がひくひくしてるぅ~かぁわぁいいぃ~」などとはしゃいでいます
こんなアニメ声ナース初めてですがどうも調子狂いますw

そうこうしているうちに便意も限界に近づき、何処に出して良いか見当もつかぬまま「あ~あ~」と排便を願い出ると、それまで奥で別の仕事をしていたもう一人のおとなっぽいナース山根さんが幼児用のおまるとビニールおむつを持って入室
二人がかりで腰回りにおむつをはかせつつ「まだまだ我慢よぉ~」と耳元でささやかれますが両手の拘束は解かれそのままおまるの上にしゃがむように誘導せれます
便意と腹痛に耐えつつウンチングスタイルになると間髪を置かず括約筋の限界が来ました

シャー!ブビビビッぃ!
毎度おなじみのお下劣な音を立てて便をひり出しました
正直言って婦人科診察台で寝たまま排泄するよりも日常の状況に近く恥ずかしい
女装のウンチングスタイルで腰元から湯気を立てつつ排便の余韻に浸る小生を、真正面にしゃがみ込んで大きな目を見開いて見つめる中山ナース
これは羞恥プレイか・・・

次にそのまま診察台に登るように云われ恥ずかしい格好で横たわり再び両手両足をバンドで固定され、正面にはお約束の大きな鏡が♪
小生が排泄したおむつの処理を終えた中山ナースは診察に戻るなり、何故か鼻歌まじりでアナル周りの剃毛を始め、刺激に反応して硬くなり上を向いた愚息をつまんで下に引っ張ては離し、下腹部にピン!とぶつけて楽しんでいます

続いて拡張ですが、肛門鏡をゆっくりと挿入しつつ
「中の方までちゃんと診ましょうね~、ライトでしっかり診ますよ~、あらやだ、まだまだ溜まってますよぉ~、もっとお浣腸しましょうね~」と例のアニメ声
そこで再び山根ナース登場
「これから特別に看護婦さんふたりでお浣腸よ。いいって言うまで我慢なさい。おもらししたらお仕置きだからね」と冷たい山根ナース
中山ナースとのギャップがありすぎますw

ナース二人によるWグリセリン浣腸はなかなかハードでした
ひとりが一本(200cc)注入し終わとすぐに次の一本が来ます
インターバルがないので注入感はふんだんに味わえるのですが、あの徐々に来る便意を耐える被虐感を得ること無く強烈な排泄欲に至ってしまいまこと真性Mの境地です
そんなわけでのべ6本1200ccのグリセリン希釈液を注入されみっともないカエル腹になってしまいました
「いいざまね。わたしは後片付けがあるから失礼するわ。ごゆっくり」そう言って中山ナースにアナル栓を手渡す山根ナース
「がまんできるぅ?無理だったら栓しちゃうぞぉ~」と、中山ナースは小生の同意もなしにいきなしアナルに栓をします
これがまた苦しい!しゃべれないのであ~あ~呻くより他なく、そんな小生を中山ナースは「あなたここはどうかしらぁ♪」
などといってブラをめくり乳首に爪を立ててきます
きっかり3分排泄許可が出て栓が抜かれビニールおむつにぶしゃぶしゃぶちまけました
爽快感と脱力感にひたりボールギャグで開けっ放しになっている口からヨダレを垂らし、四肢を拘束された惨めな姿が鏡に映っています
医療プレイの醍醐味とでも言いましょうか

ひとやすみのあと治療続行です
初めて牛乳浣腸を施されてしまい、エネマ痴滞等でよく見る、下痢便混じりの白い噴出を実演
これはちょっと感動モノですが食べ物を粗末にするのは止めましょうw

続いてエネマグラを挿入され前立腺を責められますが、実はお恥ずかしいハナシ前立腺が鈍感であまり感じません
しかし次にローションでぬるぬるのアナルパールには感じました
根元まで挿れられ、さらに中山ナースの指が遠慮なく直腸内を刺激して擬似排便感で悶絶です
そして指示に従い括約筋を絞めた状態で一気に引き抜かれるのですが、これがなんともいえず気持ちいいw
指責めで入り込んだ空気と共に残便がブリブリブリィ~と飛び散りました
cg15.jpg
こんな感じ

イルリガートルを使った高圧浣腸による腸洗浄はきっかり2リットルを一気飲み(?)して暫く耐えた後全部吐き出しナース曰く
「けっこう未消化物があったよぉ。では最後にあなたのクリトリスがどこまで大きくなるか測定よぉ」
と言って強制射精です
それまで見向きもされなかった愚息が、中山ナースの手で愛撫されて勃起すると、ナースの口調と表情が一転しました
それまでのアニメ声ロリータキャラが、急にアダルトな痴女の淫語に変身
愚息の昇天にタイミングを合わせ
「ああん、なによぉこんなに大きくしちゃってぇ、すっごーい硬さよぉ、あたしも一緒にいくぅ、あああぁ~ん!」
見事な演技としか言いようがなく、今思うに女優か声優の卵だったのかもしれません

イルリガートルの残り湯で性器とアナル周りを洗われ拘束を解かれそしてボールギャグを外されます
念のためにトイレで出し残しを排泄し、シャワーを浴びて終了
時刻は11時近くなっていました

ふたりのナースに、また虐めてあげるから来てくださいねと見送られ新宿駅南口に向いました
この時、アニメ声ナースによる医療プレイという、ある意味稀有な体験ができたと思います
その後AUは知らないうちに閉店
現在、かろうじてはむ太郎師匠情報にその痕跡を留めています

かつて興亡を繰り返し、歴史の影に消えていった名店の数々
私たちはもう一度彼女たちに思いを偲ぶべきではなかろうか
(その時歴史が動いた風)












スポンサーサイト
[PR]

[PR]

あかひげ薬局のハンビロン

40超えてから勃ちが悪くなりました
風俗に行くとプレイ開始時は若い頃と同じように勃つのですが、いわゆる中折れしてしまい不完全燃焼のまま情けない思いで店を去る事が多くなりました
また、メンタルな面がポテンツに影響を及ぼす事例を、我が身を持って経験しました
これも若い頃には考えられなかったことです

かつて、風俗野武士の名をほしいままにした買い専マニアの面影もありません
年齢的に、誰にもでも起こりうる生物学的な現象だということは、アタマではわかっていたものの、貴重な時間と膨大な労力そして莫大な費用を費やしてきた人生唯一の楽しみが半減した思いでした

かくなる上はED治療薬のお世話になるべきか迷いましたが、職場の同僚から、心臓疾患があるのにバイアグラを服用してソープランドで心不全の発作を起こし裸のまま救急車で運ばれた70代の大学教授の話を聞き躊躇
しかも、ネットで調べるとあまりの高価格に手が出ません

他にも様々なサプリ類が流通していることは知っていましたが、どれもこれも怪しく胡散臭いことこの上ない
実際に以前冗談半分で赤マム○ドリンクを飲んで事に当たり何の効き目も無かったことアリ
結構こういうことは慎重なたちです。

そんなある日、仕事で来た新宿東口であかひげ薬局を偶然発見しました
re_newsad_akahige.jpg

アサヒ芸能の広告でよく見る、やはり胡散臭いオトナ向けの薬局です

ははあこれがあのあかひげ薬局か冷やかし半分見てみようか 広告の白衣のおじさんがいるのかなあ
と軽い気持ちで入ってみました
迎えてくれたのは意外と理知的な印象の若い男性スタッフでした
最近中折れするんだと言ったところ
「それならコレですよ」と取り出したのは、毒々しく黄色と赤のツートンカラーのカプセル錠剤です
「内容成分が血流を良くしてこうなります」そう言って腕に力を入れて力こぶを見せます
このハンビロンなる薬は値段は20錠で一万円以上と高目ですが、ついつい店員氏の理論整然とした商品説明に乗って購入です

さっそく翌週風俗利用時に服用してみました
結論から言うと勃起は良くなり、勃ちが良いせいで射精時の快感も良好
ただし広告にある持続力や連発力は(小生は)見られませんでした
気になる副作用ですが、動悸とめまいがありましたが日常生活や性生活に支障をきたす範囲ではありませんでしたが、使用書は良く読んだほうが良い

20錠を風俗で使い切り、その後はバイアグラ等を検討してゆくことになります


渋谷 乙姫マット伝説 8 みちる

みちる嬢は元ソープ嬢だけあってイスマットの職人
テクニック部門では常に紗央嬢と首位争いを演じていました

ちょっと派手でSっぽい顔つきのですが、出るとこ出てるスタイルが見事でした
嬢との初対戦は、これが実は3Pだったのですが、もうひとりの嬢の名は忘れましたがたしか、ネットで顔出ししたら指名が殺到して大変なことになったとか言っていた割にはイマイチな容姿だった記憶があります

スケベイスで、そのイマイチ嬢とDKしながらみちる嬢のくぐりイスアナル舐めを受けたのですが、嬢の舐め技に驚きました
肛門に斜めに舌を突っ込むので普通に舐めるよりも直腸内部まで舌が入ってきます
そしてレロレロと長時間動かすので、結果エネマ性感が刺激され思わずこっちが鳴いてしまうほど
気配を察したイマイチ嬢が愚息にしゃぶりつき、高速フェラーリであっけなくKOされてしまいました

当然マットでも合体攻撃に悲鳴を上げたのは言うまでもありません
再度イマイチ嬢に逝かされた直後、余韻勃ちの愚息をくわえてお掃除フェラするみちる嬢
くすぐったさに大笑いそましたが、他嬢が昇天させた後のチンポコをしゃぶるプロ根性には脱帽です

みちる嬢のテクが忘れられなくなり、翌月は単独本指名で会いに行きましたが、テクニック部門最上級クラスにしてはプレイルームは3Fの別シャワーの狭い部屋でした(それ以降もなぜかずっと3Fでした)
「また来てくれて本当に嬉しいわぁ♥」と喜んでいます
Sっぽい嬢も笑顔になるとなかなかカワイイ
この時、嬢オリジナルのローション保存術を披露してくれました
通常は、ローションを熱めのお湯で溶きます
たしかし最初のうちは温かくてキモチイイですが、時間の経過とともに冷えてきます
温かくないとちょっと興ざめします
みちる嬢は、いったん湯で溶いたローションをバスタオルに浸し保温していました
こうすると保温効果があるそうで、門外不出の秘技なので3Pの時にはやらないのだとか
ローション漬けタオルを何枚も満たした洗面器をプレイルームに持ち込み、タオルで温かいローションを補充しながら本格プレイを行うのです

他にも印象的なプレイとしては、マットでうつ伏せになっている小生の片手を背中に回すように促し掌を上に向けさせます(逮捕された犯罪者状態w)
そこにまたがり「もっとオ◯ンコさわってぇ」という壺洗いマットヴァージョン
すぐ横にある部屋の鏡を最大限に活用した、フェラチオニング横向きオナニー
等等考えられるエロいことをすべてやってくれるエンターテイナーぶりは、役者揃いの乙姫マット伝説にあって不動の地位を築いていました

そんなみちる嬢の華麗な技の中で特に秀逸なのは上記にもあるアナル舐めに他ならなく、これを一度味わってしまうと、しばらく他嬢の舐めでは感じなくなります
マグロ同志は特に骨抜きになったのではないでしょうか
ちなみに責めも好きな小生が、いつもの逆スケベイス逆マットを忘れていたわけではありませぬ
お返しだとばかりに
顔を埋める勢いでクンニすると、鳴きはしなかったものの「上手いね❤️」と微笑んでいました
alice110921-30.jpg

メアドも交換して、時々メルしていたのですが
「自分がローションまみれで下になるのって初めてだったけど悪くないネ」とか言ってました

そのみちる嬢ともガサ後は会えなくなってしまいました
横浜方面の店に移った連絡をくれていたのですが、当時時間的に神奈川遠征は難しく、再会を果たせなかったことが悔やまれます





渋谷 乙姫マット伝説 6 ちか

当時のNo1嬢との対戦記です

嬢の名はちか(当時公称21歳)
確かにルックススタイルは完璧に近く、上位嬢しか使えない最上階ワンフロア丸ごと使ったプレイルームの主であり、総合ランキングでは常時夕菜嬢と首位争いをしていて、乙姫フリークならば一度はお相手願いたい嬢でした

小生もまたご多分に漏れず本指名を試みましたが、これがまあ困難なことこの上ない
さすがNo1
1週間後にようやく午前の予約がとれました

No1クラスの嬢は、努力せずに集客できてしまうので、サービスが手抜きだったり愛想無しで性格地雷だったりで、評判以下の満足度しか得られない話を巷間聞きます
小生自身もこれまで、見た目だけに騙された経験が幾度かあります
だから今回も同じ目に遭うことを覚悟して赴きましたが、風俗歴15年のキャリアで、もし嬢が手抜きしたり性格地雷であったとしても、動ずること無く柔軟に対応できる自信を身に付けての訪探でした

前夜、池袋のサウナオアシスに一泊
時間に余裕をもって早起きしてひとっ風呂浴びてしっかりと朝食を摂り決戦に備えラッシュの山手線に乗り込みます
平日の朝、通勤通学の人々に混じりヌキに行くひとりの解放感そして自由渡
平日休みはやめられませんw

入店受付後約20分でご案内、お約束の5階へ階段登りです
「こんにちはぁ~ご指名ありがとうございまぁ~すぅ」と、ちか嬢
写真よりも庶民的な風貌でちょっと気が楽になります
ていうか写真加工し過ぎw

手を取られワンフロアに入室
しげしげとNo1嬢を観察します
確かにルックススタイルのバランスがとれたイイ女です
しかし、だからといってキャバクラチックな美女というわけでもなく、OL姿が似合いそうなおねえちゃんといったところか
「いやだぁ、恥ずかしいからあんまりジロジロ見ないでくださいよぉ〜」とクネクネ仕草が実にキャワいいw

それにしても広い部屋ですが、嬢曰くほとんどの同志が60分コースまでなので、この部屋の大きなダブルベッドがプレイで使われることはまず無く、暇時間の嬢の昼寝用になっているとのことです

トークもそこそこに小生を脱がす嬢
トランクスを下げるや否やピョコンと鎌首を持ち上げそそり勃ったチンチンに「ちょ〜元気ぃ!ウレシイ💕」と感想を述べ自分も全裸になります
ちか嬢はエロいというよりも実に健康的なプロポーションです
内心「こんなキレーなねーちゃんとふたりすっ裸であれこれできるとは良い時代に生まれたもんだぜ」と思ったりして完全にエロおやじになってしまいました

巨大なホタテ貝の貝殻みたいな浴槽がデンと置かれた浴室も実に広く、余裕でマットができそうです
シャワーで洗体してもらいふたたび部屋に移動してスケベイスプレイになります
技の方は平均的といったところか
なんせテクニック部門上位のベテラン嬢たちを何度も経験しているので比較するのが酷というものです
ただ特筆すべきは、ちか嬢オリジナルと思しき技
前屈状態でお尻を突き出して当方のあちこちを、その適度に大きく引き締ったお尻で円を描くようにヌルヌルする技が特徴的でビジュアル的にも秀逸でした
途中交代を希望したところ、選手交代とばかりに「チェーンジ」と手と手でハイタッチしてすけべ椅子に大股開きで座りました
小生の大好きな逆くぐり椅子で、クンニしつつ股間から見上げると目が合い、豊かな美乳の向こうで照れ笑いする表情はとてもかわいかった....

ひととおりイスプレイを堪能した後は浴室に移動してマットプレイです
浴室の照明は非常に明るく、他室では暗さが良し悪しでしたがこの浴室であればあけっぴろげなプレイになりそうですちか嬢を浴槽に腰掛けさせて、マット敷きローション解き延ばし等の準備は小生が行いました
毎回毎回よせばいいのにと云われそうですが好きなんだから仕方なし
今回は先攻ということで、うつ伏せに寝かしたちか嬢にまんべんなくローションを塗ってゆきます
肩、背中から腰、お尻そして両脚のつま先まで柔らかに丁寧に塗り広げ、上か下下から上に舐め洗い主体で責めると「くっくっくっくぅ〜くすぐったいよぉ!」と身をよじらせ白旗を上げたので攻守交代で小生の背面を任せます

イス同様マット技も平均値と言ったところですが、攻守ともに好きな小生にとって黄金時間ともいうべき、あおむけ責めでは超ナイスバディと美人の反応を堪能です
ただ、よりによってメインディッシュたるわきの下だけが嬢のNGスポットで、舐めようとしたところ
「くすぐったいし毛が生えてるからイヤなのぉ〜」と拒否られたのが心残り
脱毛してないのね
その代わり両腕を腰の下から入れ伸ばして乳首をつまみながら顔を股間に埋めてのクンニでは、No1嬢を鳴かすまで舐め続け「気持ちいいよぉ〜」と言わせましたw
cap_e_8_052yoz-165.jpg

最後は69で昇天して終りです
帆立貝風呂を指差し「今度はいっしょにお風呂に入ろうネ」と嬢
正直お風呂の時間があればマットとイスに費やしたいデスw

No1嬢との対戦は、記念にこそなれど通う動機にはなり得ずという戦訓を胸に昼前の渋谷を後にしました











渋谷 乙姫マット伝説 7 杏華

杏華嬢も有名でした
現在でも某巨大掲示板に痕跡が残っています

画像はすごくオトナっぽいイイ女ですが、実物はとても気さくで親近感の持てるおねえちゃんでした
本指名そして4階の部屋でプレイしました
一度お手合わせしたいと思っていたんだよ と言うと
「わあ、うれしいわぁ❤️ 指名してくれてありがとぉ💝」と言って抱きついてきてそのままDKです
この嬢もスタイルバランスが良かった
そして猫目の美人なのでプレイ中の表情を鑑賞するだけで飽きません
特にフェラ中の恍惚とした流し目は絶品と言っても過言ではありませんでした

嬢の持ち味として、イスもマットもイマイチテクニ嬢には及ばずながら、嬢本人がほんとうに楽しそうに気持ちよくしてくれる心意気が伝わってきて、一緒に仲良くエロいことをしているほのぼのとした安心感が実に良かったと思います
ただし、小生恒例の逆スケベイス逆マットはかなり面食らった様子でした
「こんなことするお客様はじめてぇ~」ときゃあきゃあ言いながらも、アソコをクンニしてあげるといい感じで鳴いてくれました

フィニッシュは69からフェラガモで昇天です
逝った後も愚息をほおばり絞り尽くす杏華嬢
君は天性の風俗嬢だよ
cap_e_8_052yoz-165.jpg


メアド交換してバイバイしましたが、小生の無精もありあんまりメールできませんでした

そんな杏華嬢の卒業(転職?)はガサ事件の直前でした
最後のメールには
ゴメンねm(__)mしばらく出勤できなくなった>_<とありました
事前に情報を得ていたのでしょうか

そんな彼女が、実は結婚していたことを知ったのは、ガサの半年後でした



渋谷 乙姫マット伝説 5

前回UPした紗央嬢以前ご紹介したまこ嬢と60分2本勝負で3Pしました
予算は34kです
テクニック部門と美脚部門それぞれのNo1が相手なので年甲斐もなく気合が入り、1週間禁欲のうえこの頃ハマっていた赤ひげ薬局のハンビロンを事前に渋谷駅ホームで服用しての入店です

例によって平日真昼間に、十数分後に己がなすべきことであろういやらしいアレコレを思い描きつつ、その思いとはまるで正反対のおっシャレーなマークシティを通過です
途中、美登利寿司の特大穴子寿司を眺めていたら急にハンビロンの副作用が・・・
と言ってもちょっとめまいがして動悸が早くなるだけで慣れたものです
むしろ今回も薬効で勃ちが良くなることを確信し頼もしい思いです

入店・受付・支払い後待つこと約10分、今回も4階の洗い場付きルームにご案内
温められたローションが詰められたボトルを3本持って階段を上ると、キャミソール姿の二人が何故か笑い転げながら待っていました
黒キャミソールのまこ嬢曰く「先週来てくれて『次は紗央ちゃんと3人で楽しみたい』って言ってたらホントにいきなし来るんだも~んwww」
そうか、小生確かに先週まこ嬢と遊んだばっかりでした・・・
「その前が私とだったんだよね~」と赤キャミソールの紗央嬢
ひと月に幾ら同一店舗に注ぎ込んでんるのやら・・・我ながら呆れますがオスの本能なのだから仕方なし
ついつい楽しくなってしまい調子を会わせてチャラくなってしまい、風俗店にきた客と言うより生徒と戯れる女子高教師みたいです

嬢二人は何度も3Pでペアを組んでいて、手馴れた調子で小生をフルチン姿にして自分たちも素早くオールヌードになります
薬効もあいまりたちまち怒髪天を突く我が155㎜砲
「今日も元気いっぱ~いステキぃ~」とまこ嬢に手をとられスケベイスに着席
いやいや貴女のシリコンおぱ~いもステキですよ
一方石鹸の準備を終えた紗央嬢が小生の足から、まこ嬢は背中からそれぞれスポンジでやさしく洗体してくれます
壁面の鏡にはうら若き裸女ふたりに奉仕される妖艶な絵図が映し出され曼陀羅絵巻のようです
このビジュアルもまた3pならでわであり、男と生まれたからには一度は体験しておくべし
7a615716.jpg


泡を流すとそのままイス洗いですが、dkしつつ偽乳で密着してヌルヌルさせつつ両手で脇腹を愛撫する前面のまこ嬢、後ろからは耳元に吐息を吐きつつ背中にオッパーいをヌルヌルさせて股間に手を伸ばしアナル玉袋そして愚息にビミョーな刺激を加える紗央嬢
ふたりがかりの立体攻撃に鳴いてしまいますがローション天使たちはまだ許してくれません
イスの下に潜ったまこ嬢のアナル舐めと紗央嬢のローリングフェラーリを同時に受けて悶絶してしまいます
それでもなんとか余裕こいて「紗央ちゃん見てごらん。まこちゃんの脚キレーだねー」などと話しかけるも早くも限界が訪れそのまま昇天放流です
ハンビロンの薬効で身震いする快感にのけぞる小生

飽きもせず余韻勃ちの愚息をしゃぶり続ける紗央嬢とぐったりした小生を尻目にまこ嬢はマットの準備です
まこ嬢得意の長い手足を活かしたローション伸ばしが施されたマットにうつぶせになると、再度怒濤の攻撃を受けます
毎回思うのですが、マットプレイの醍醐味は、まさにこの前半の背面攻撃にあるでしょう
受け手はうつ伏せで視界が利かず、なにをされているのか不明な状態で襲い来る快感はマグロ専科の同志ではなくともおわかりいただけることと存じます
もちろん小生がよくやる、嬢を責める局面においても同様です

ふたりのくちびるそして舌、計20本の指先、よっつのオッパーい、そしてふたつのおマ○コが背中腰臀部から両足の裏までをゆっくりと愛撫します
強く優しく、グチュグチュビュバビュバお下劣な音を響かせながら
襲いかかる快楽に、愚息が再び硬さを取り戻したところで攻守交代を申し出
まずは紗央嬢に仰向けに寝てもらいます
最初はすぐ横で傍観していたまこ嬢ですが、小生が左の乳首を舐めだすのを見て参戦
右側のおパーいをレロレロもみながら舐めています
いつもはマグロに近いマイペースな紗央嬢もさすがにこれには苦笑いしつつ「ふたりとも上手いね」とコメント
続いてまこ嬢に寝てもらい同様に乳首を舐めだすと、後ろに回り小生のアナルを舐めだす紗央嬢
まこ嬢の股間に顔を突っ込みクンニしている間も延々と我が菊門を舐め続けています
この行動の違いは職人の紗央、ノリのまこといったところか...

ところで小生は風俗にいくと、マットの有無にかかわらず嬢を寝かせてバンザイさせてワキを舐めるのが好きなのですが、これ自分がやられたらどんな感覚なのか、ましてや今回ローションまみれで両側から同時に舐められたらどうなるのか気になりふたりにナメナメお願いしたらOKでした
いちおうマナーとして自宅で毛は剃ってきたので嬢たちと同じくツルワキ状態です
ちなみについでに陰毛も短く切って盆栽のようにカタチを整えてきました
一回これやると女性の気持ちがよくわかります
だからしばらく自剃りしていました

再度攻守交代して最後の審判を仰向けで受けます
両手をバンザイさせてマットの上辺をつかむようにすると、事前打ち合わせ通り両嬢が左右からdk首すじ肩に続いてワキの下に唇を這わせ舐めはじめました
やはりきもちいい!ダブルだけになおのことヨイです
それにしてもこのペア、実に息の合った同時攻撃時間差攻撃が見事です

その後も両側タワシ洗い、ちんぐりがえし責め、Wフェラーリと息つぐ暇無く技の応酬が続き、さっき逝ったばかりの愚息もびんびんになりました
ラストは時間ギリギリになってしまい、まこ嬢の高速ハードスロートと紗央嬢の顔面騎乗で昇天です

四半世紀以上に及ぶ無数の風俗体験の中でもベストテン入り確実な体験と相成りました

しかし年齢には勝てないもので翌日過労から体調を崩し欠勤するはめになりました
以降、体力を気にしながらの風俗通いを心掛けるようになります









渋谷 乙姫マット伝説4 紗央

紗央嬢というテクニシャンがいました

この頃、世間ではブロードバンド環境が普遍化。様々なHPが黎明期を抜け出し、より見やすく、よりきれいになってきました
風俗店のHPも例外ではなく、ぬきナビ等の案内サイトに頼ることなく各店オフィシャルサイトの構築に力を入れだし、逆に旧態依然なHPなままのお店に対する関心は低下する傾向にありました
考えなくても分かる話で、商品レベル(=嬢のレベル)に対する顧客の訴求が99%以上と言っても過言ではない風俗産業において、パーソナルで情報を入手できるネット環境は非常に品質をアピールしやすく、かつ画像処理技術の進歩による欺瞞行為(今で言うパネマジ)も実に簡単にできてしまい、同志諸兄ご周知の通りそれら欺瞞に対しクレームつけずらい状況もあります

乙姫マット伝説のHPはいち早く洒落乙化したほうで、特に目をひいたのは、ジャンル別のランキングを公開していたことです
ランキングぐらいどこの店でもやっていますが、このお店のジャンルは、早番・遅番・新人・ロリ・アダルト・美脚・巨乳・長身・小柄・テクニック…みたいな感じで細かく分かれていて、更新頻度が非常に頻繁な所が他店との大きな違いです
多数の嬢を抱えたこの店の強みであり、ランキングの情報源はプレイ後のアンケートであること
又、ヲタ度の高いスタッフ氏がランキングを担当していて綿密に更新作業をされているであろう事が類推できます
このシステムは顧客満足度の向上と集客効果、そして嬢達のモチベーション高揚に効果的であり、現在でも有効であります
各店のweb担当者にご検討いただければと思います

閑話休題、紗央嬢はテクニック部門で絶えず首位にランクされていました
155cmCカップの平凡な身体に顔出しNGでHPではあまり目立たないほうですが、紹介文がおもしろい
「マットの妖精紗央ちゃんです。彼女のワザの元あなたはローションの海に沈んでいくことでしょう…」だとか

マットの伝道師の異名を持つ小生が「妖精」紗央嬢との対決を望んだのはいうまでもありません
平日の朝、渋谷駅前から電話予約60分コースで本指名し時間をつぶしながら道玄坂をゆっくりと登ります

受付にて22kを支払い15分ほどで4階の洗い場付きプレイルームにご案内です
ご対面の紗央嬢は画像よりも小柄に見えてミュージシャンのヤイコ似
なんとなくマイペースなしゃべり方は職人気質でせうかw

初対面のこの日、嬢のタイプとジャンルを見極める為余計なことはせずに受け身に徹することにしました(この店では毎回そうしていました)
軽いdkをゴングに戦闘開始
お互い全裸になりまずはスケベイスですが、紗央嬢舌と同時にくちびるをソフトに這わせてくるので、柔らかい吸盤がゆっくり這いまわる感触実に快感です
お主なかなかやるのう
くぐりイスアナル舐めもじつにていねいでツボを心得ています
しかし、このサービスを受ける度思うのですが
まるで自動車整備士の如く、素っ裸で我が尻の下に頭を突っ込む嬢の姿は何度見ても見飽きることはありまへんなw

続いてのマットでもひととおり彼女のペースに任せます
イスの時と同様舐め技重視で責めまくりますが、責めかたも緩急取り混ぜてくるので当時の小生のようなおじさんが疲れてしまうこともなく終始まったりとした快感に包まれながら至福の時間が過ぎてゆき、最後はDEEPスロートで昇天させてもらいました
20130321182753e45.jpg

終了後に雑談していて気付いたのは、テクニシャンにありがちなお仕事系の気立て不足とも違う、なんとも気さくで自然な人柄に惹かれます

その後も何度か指名してテクニシャンの技を堪能しました
ちなみに、受けは苦手のようで、逆マットも逆スケベイスもさせてはくれるもの困惑したような表情でした

実はミュージシャンとしても活躍していた紗央嬢
卒業後、結婚したようでお子さまにも恵まれ幸せな人生を送っていることでしょう








吉原 ミンク ピンクチェア

現存店ですがここも大きく変わりました

小生の利用はおそらく25年ほど前の冬、やたら寒い日だったと記憶しています
その日、ろくに食事もせずかといって何をする気にもならず不健康な休日を過ごしつつ、月刊シティプレスで吉原最強クラスのテクニシャンであるミンクのL姫を確認したのでした
小柄でスリム(=微乳)浅野温子似という身体的条件もGood!

だれも真似できない秘技であなたを悩殺 みたいなことが記載されており、電話してみるとちょうど本日出勤とのことで、迷うことなく本指名予約です

夕方、氷雨まで降り出した中今は亡きハヤミズ家具センター本社ショールーム前にて送迎待ち合わせ
骨まで凍る気がしました

受付を済ませ数分後にご対面
見るからにベテランソープ嬢といったたたずまいのケバいスリム姫ですが、鈴の音のようなキャワイらしい声とのアンバランスがまた一興

部屋では挨拶もそこそこにハードな即尺です
姫の高速スロートに速攻ギブアップの我が愚息
「逝っちゃう逝っちゃう」と悲鳴をあげると、くわえたまま指でOKサインする姫
口内発射も結構ですが、姫のスロートが強引すぎて小生の好みではありんせん
「激しすぎて痛い」と訴えると「それじゃぁHだね」と素早く身をひるがえし、あまり肉付きが無いお尻をこちらに向けます
即座に合体しものの六突きくらいでL姫の子宮に放出しました
早漏ですw

イス洗いの時に気付いたのが、この部屋(この店)マットがありません
そのかわり、見慣れないものが浴槽の隣にあり姫に問うと、これがピンクチェアでありこれを使えるのはミンクでも唯一L姫だけであり、特別に置かせてもらっているが、希望者にはマットもできるのでどちらでもどうぞ
ちなみにマットにする場合、ボーイ氏が他の部屋から運ぶので、全室使用中の場合は不可能だし、場合によっては使用直後のマットをそのまま使うこともあるとのことw

せっかくなので、シティプレスで記事になるくらいの秘技であるピンクチェアを味わうことにしました
今ググるとピンクチェアは元々金津園発祥の技であり、他の地域ではあまり採られておらず、姫にとっては一定以上の運動神経を必要とされるものの慣れてしまえばマットよりも楽であり、現在これができるお店も嬢も限られているとのこと
世界に誇るニッポンの伝統芸として、その継承を望みます
それにしてもこの女郎蜘蛛のようなかたち
いったいどのように使うのか実に気になります
コレですわ
Baidu IME_2014-12-3_9-20-6

L姫に仕切られるがまま、ピンクチェアに横たわり取っ手を握る小生
今思うと、バリウムを飲んで行う胃のレントゲン検査の姿勢みたいですw
姫は、濃い目のローションを小生のチンチンまわりだけに塗りたくるとプレイスタート

チェアの取っ手に巧みに這ったり乗ったりしながら、新体操みたいに躍りまくる姫
そのお口と両手の指先が裸体を這い回り声が漏れてしまいます
マットと違い感じやすいアナルが仰向けでも露出しており、姫はものすごい姿勢でそこに首を突っ込み強烈なアナル舐めで責め立て、そのまま小生の手を自分の股間に誘導して壺洗いです
仕上げとばかりにそのまま両足を取っ手に乗せ69に
よく見ないであんなことできるものです
愚息の勃起を確認するやアクロバット的に四肢を折り返しヨコハメ騎乗位で激しく腰を上下します
ちなみにL姫は完全お仕事系なので一切感じてはくれませんがこちらは終始不思議な感覚のまま昇天しました
ピンクチェアの別名は宇宙遊泳というらしいですw

残り時間もベッドで激しくフェラーリされ最後だけは正常位で責め抜きましたが相変わらず無表情な姫
ダッチワイフってこんなかんじなのかなあ
でもあのピンクチェア上のアクロバットな動きと体位はどちらかと云うとセクサロイド
学生時代、戸川純さんにハマりましたw

そんな感想を抱きつつ無事3発目です

スッキリして外に出ると東京に初雪が
セクサロイドの余韻に浸りつつラーメンと餃子で暖まって帰路につきました


禁じられた基盤 5

自分でも信じられなかったのですが、当時アラフォーの小生に嬢の方から誘ってきた基盤なのです

お店は多摩地区の箱ヘル
嬢は20代の巨乳系でした
深田恭子さんをとろんとさせた顔つき
10843763_655740097868607_384232049_a.jpg

本指名数回ですっかり仲良くなり、様々なウンチクや小技をを教えました
とはいってもたいしたことでもなく、風俗に来る客の心理だとか勃ちの悪いイチモチの対処法だとか酔っ払いの扱い方だとか、オジサンが若いコに諭すような感じでちょこちょこと教えていたのでしたが、根っからの体育会系嬢の師弟愛に火をつけてしまった模様

ちなみに、よく基盤を迫られるそうなので、相手を怒らせない断りかたも教えていましたwww

「そのまま動かないでね」と上に乗ってきたので、騎乗位素股かと思いきや
「おにいちゃんだいすき💕」とナマ入れして腰を動かしています
驚きましたがそこは百戦錬磨の風俗野武士に据え膳を喰わぬ道理なし
それにしてもHは若いコがええもんだすわw

巨乳を揉みながら激しく突き上げると、本気で鳴き出しました
店にバレたらまずいのでdkで口をふさぎながら不肖155㎜砲は斉射㊥だし
サルヴォー!てかw
「ちょーきもちよかったよぉ~」と抱きついてきました

その後メールでやり取りして、再度本指名で基盤です
この時はバックでやはり㊥だしでしたが、隣室を片付けるスタッフ氏にパンパン音が聞こえはしないかとスリル満点でした

「よくお客さんにちょっと入れるだけでもいい?って迫られるんだけど、これOKなのはおにいちゃんだけだよぉ💕」などとうれしいことをいってくれます

嗚呼、この嬢と店外デートしたりマジでつきあえたら幸せだろうな


しかしながら、風俗に関してだけは不惑の境地に達していた小生にはわかっておりました
この、可愛らしい嬢は、同じタイプの客と積極的に基盤する確率が非常に高いであろうことが
そして、自分も本気になった場合、極めて面倒な事態になろうことが

風俗嬢と客との恋愛を全否定はしませんし、事実若かりしころの自分にしてから何度も愚かしい勘違いをしていました
しかしこのコはまだまだ若いそして美しい
おおよそ慈愛という感情を基本的に持ったことがない小生の如き朴念仁と時間を共有したところでいいことなかろうと格好つけて、その後数回店での㊥基盤する関係にとどめました

そのうちどちらからともなく飽きてしまいメールも交わさなくなりました


その昔プロ相手に勘違いして、何度も虚しい出費と労力を費やしたかわからぬかつての素人童貞が、オトナの余裕と思慮で相手を傷つけることなくあしらったこととなりました
この時ばかりは、キャリアを積んでステップアップ(ナニをだよ!)してきた自分がちょっと偉く思えたものです


都内 デリヘル A

現存店ですが内容的に店名は伏せますw
70分/1・7k(当時)

このエリアのデリは、電話で問い合わせるとほぼすべての店が「最後まで」だとか「大人のお付き合い」といってくれるので、利用してみる気になったのは8年ほど前
その日は仕事が早く終わったので、その足でAのあるエリアに足を踏み入れました
時刻は夕方前
事前にHPで出勤予定と嬢たちの情報をチェックしており、電話して来れる嬢を列挙してもらいその中かから選ぶつもりでいました
このあたり情報戦にぬかりはありませんw

ちなみにアラフォー過ぎてED気味なのでシリウスを服用し戦闘準備も完璧です
(EDの件は別記事にて詳細に述べようと思います)

わざと早目にラブホチェックインし、出勤情報を見ながら予約の電話をかけ時間的に最も適したS嬢(SMとは無関係)を指名
余裕を持って準備をすませ、AVを観ながら待っているとシリウスが効いてきて急激に愚息が勃起します
まさか嬢の到着前にセンズリをかくわけにもいかず、そのまま全裸でベッドに寝っ転がりながら待つこと約10分
チャイムが鳴ってS嬢到着です

全裸でチンチンを勃起させた状態でお出迎え
こんなことよくあるのか余裕の笑みを浮かべ玄関でフェラーリです

公称年齢35の嬢は+5といったところでしょうか
でも美白のお肌の張り良く適度に引き締まった身体は30前半でも通用しそう
特筆すべきは微乳の先端の乳首が実に美しい桃色で吸い甲斐十分
お顔は端正であり美熟女と呼んでも過言ではないでしょう
mqdefault.jpg

但し酒焼けだかヤニ焼けだか知らないが声がガラガラで目をつむると久本雅美とHしてるみたいです

アソコの締まりそれなりに具合良く、風呂で立ちバックで一発、ベッドで上になってもう一発
いずれもG着でした

このAには3Pコースもあって、オプションで本格レズプレイも見物参加できると嬢
「あたしの相方も何人かいるんだけど半端なくエロいレズ見せてあげるよ」とのことで再会を約束の上メアド交換となりました

このS嬢と相方H嬢相手の3Pご披露は別記事にて近日公開也






プロフィール

havyrotion

Author:havyrotion
齢50到達を機に卒煙そして卒風俗!
記憶の限り、今までのエッチなことを
主に風俗での遊興を中心にカミングアウトしてゆく
アホなおっさんのblogです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR