FC2ブログ

池袋北口 人妻(?)倶楽部

おととい予告した、ちえ嬢とのその後です

今回の店名はちょっと記憶が怪しいので適当にネーミングしましたが、多分こんな名前かと
埼京線からよく見えるGEOが入居するマンションに受付があって、そこで受付を済ませるた後、池袋大橋西交差点すぐそばのマンションサンハイツときわに移動
B1F奥のプレイルームにおいてのプレイでした

ここの待合室のマガジンラックに真新しい野村沙知代写真集が置かれていて、いくら熟女店とはいえやりすぎではないかと思いましたw

奥の方に三部屋あったプレイルームにつながる廊下には大きな段差があり、注意しないとつまずいて転びそうになります
シャワー室付きのプレイルームは結構豪華で、天井に貼られた大きな鏡で、プレイ中の自分と嬢の痴態を確認できます

印象に残っているのは、巨乳のあおい嬢・スリムなゆうこ嬢・美形のさおり嬢等ですが、彼女たちが決まって口にする「姐さん」と呼ばれるベテラン嬢
その「姐さん」が当のちえ嬢であることをさおり嬢から教わりました

この店の新規開店に伴いエマニエルから移籍した模様です
風俗嬢としての長い経験とオトナの女の見識で嬢たちから「姐さん」として、相談役のように一目置かれているのだとか
それにしてもいつまで現役を続ける気でしょうか

そこでさっそく本指名して遊びに行きましたw
初めて会ったお江戸マット御殿時代から数えて5年が経過
三十路を超え女盛りを迎えたちえ嬢、ますますもって妖艶です

「まあ、ここでもお会いできて嬉しいわ。わざわざわたしを追いかけてここまで来てくださったのね」
いや、小生が行く先々に偶然あなたが在籍しているのですが・・・

肝心のプレイは、エマニエル時代と同様の流れで行われましたが、ひとつだけ違うのはシャワー室にスケベイスが使われていること
嬢に座ってもらいくりくり指マンすると「あっ、ちょっとぉ・・・」と小生の腕を震えながら握りしめるのでしたw

ベッドでは熟練のテクで逆に責められまくり悶絶
ますます腕を上げた熟嬢のやさしいフェラで昇天です

4.jpg
いっぱい出たわ
兄さんはいつもHに全力投球ね💕
不思議な評価をいただきました

それにしても、オトナの魅力全開のいいオンなだったと今でも思います
三つの店を渡り歩いてそこ後のことはさすがに知るよしもありませんが

現在同地にはリラクゼーション系の店舗が入居中の模様です



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

池袋西口 エマニエル

一昨日記事にした、お江戸マット御殿のさとみ嬢と偶然再会したエピソードです
ちなみに現在、同じ池袋に同名のセクキャバがありますがまったく別の店です

当時、池袋東口エマニエルのちえ嬢といえば、風俗フリークの間で或る意味結構著名でした
真意不明ながら、某巨大掲示板において基盤情報が飛び交っていたからです

その、ちえ嬢が元さとみ嬢だったというオチが先に来るのですが
人妻熟女の濃厚なサービスをあなたに・・・

といった、今見ると陳腐すぎて恥ずかしくなるキャッチコピーに惹かれて池袋東口に降り立ちました
時はまさに人妻熟女店の開花期
都内各所にその手の専門店が乱立し出した時期でしたが、当たりハズレも非常に多くて比較的安定感のある池袋で検索した結果、このエマニエルに挑戦することにした次第

しかしながら、この時点で上記ちえ嬢が元さとみ嬢であることなど当然知る由もなく、たしかに某巨大掲示板でよく目にする名なれど、特別な興味はなく受付でフリーを宣言
しかしまさか、フリーで入ってそのちえ嬢に当たるとは夢にも思わなんだ

マンションの別室個室にてプレイするスタイルですが、一昔前のマンヘルを彷彿させます
チャイムを鳴らすと「どうぞ」というくぐもった女性の声がしてドアが開きます
「やあこんにちははじめまして」とありきたりな挨拶で入室して改めて嬢を観察します


お互い指差し合って「あ~!」

ここにいたんだあ
そうなのよ
ひさしぶりだけどかわりないね
兄さんも

そしてお約束のdkですw

ちょっと違うけど、同級生とラブホで出くわしたような気分で少し照れくさい
それでもヤルことはすべしと、ふたりともさっさと素っ裸になりシャワーへ
マット御殿時代を彷彿させる仁王立ちフェラを堪能します
ちえさん、腕を上げましたな

ベッドではまあ普通の箱ヘルと変わらず、dkから全身リップ、性感責めとアナル舐めへと続き、攻守交代します
店と名前は変わっても、きめこまやかなお肌の張りと控えめでありながら敏感な反応はおかわりありません
いやはやこれだから風俗はやめられまへんなあ

201312304.jpg

以前と変わらぬ豪奢な密林に守られた秘境に顔を突っ込み、クンニをはじめるとハッキリと反応が
腰からお乳に伸ばした小生の両手を握りしめ低い声で鳴きます
そして膣口の伸縮現象を認めました
この反応は基盤OKのサインということを経験上熟知しており、そのまま正常位でぬるっと亀頭を挿れたところでstopがかかりました
「それはダメぇ~」
仕方無く断念しました😩
基盤情報はガセだった模様です

この日は、小生にしては珍しく騎乗位素股で昇天させてもらいました
片手で逸物を強く握り、ローションまみれのお尻の割れ目に強く押し付け、激しく腰を降りつつも、独特のねっとりした表情で見つめ会いつつのオルガズムでありました

再会を慶びつつバイバイし、次の再会を期待しつつも他の店で遊んだりしているうちに無為な時は流れ、ちえ嬢はまた退店してしまいました

さすがに、又別の店で会うことは無いだろうと思いますが、これがなんと三度目があるのだから驚くやら呆れるやらです
小生とちえ嬢がいかに風俗漬けの生活に浸っていたかを物語るエピソードになります


続く



お江戸マット御殿

店舗型マットヘルスが百花繚乱の体をなした平成11年
このお店もラグジュアリーな箱ヘルを謳い文句に鳴り物入りでオープンしました

ネットで同店を知った小生もマットヘルスの新規開拓をすすめるべく訪探
池袋東口からけっこう遠く、ラブホ街のつきあたりで非常に分かりずらい所にありましたが迷うほどのものではなく、時間通りに辿り着くと早速通される豪華な待合室
写真指名料込み22k程だったお会計を終えさらに待つこと約15分

温めたローションで満たされたボトルを渡されひとりエレベーターで上階に登ると、指名した夕湖嬢とご対面です
ちなみに嬢名を、平凡な読み方ながら当て字っぽく夕湖にしたのは何故か聞いたような気がしますがその答えは忘却しましたw

この嬢はネットでも雑誌(manzokuでした)でも、文字通りの看板娘として顔も身体もそしてプレイもマルだしで当時大活躍中
顔つきこそB級童顔なものの、スレンダーな美白ボディで不思議少女的な発露が特徴でした

夕湖嬢が浴衣の帯を解きプレイ開始です
個室にひとつ割り当てられたシャワー室では、仁王立ちフェラでまたしてもフル勃起した気の早い逸物に
「うん!おおいに元気で結構!」と妙な評価
続いて個室に戻り、身体も拭ききらないまま潜りイスするのですが、夕湖嬢のプレイスタイルがちょっと変わっていて
客が座った後嬢が責めるパターンが普通ですが、この夕湖嬢は先にイスの下に潜り込み、しかも首が疲れない工夫でしょうか、頭を入れるあたりにバスタオルを二重三重に敷き詰めています
従って、イスの上から見下ろすと、顔の周りがバスタオルに包まれていて志村けんの赤ちゃんコントを彷彿とさせますw

shimura.png

もうひとり因果深い嬢がさとみ嬢です

オトナっぽくてスタイルの良い長身嬢ですが、コスチュームである浴衣によく合う落ち着いたものごしが魅力的な半面平均以上の豪毛に覆われた股間が特徴であり、小生は3度ほどお世話になりましたw

「さっ、こんどはあおむけになっていただきましょうか」という、なにやら昭和レトロ風の口調(あとから、椎名林檎の百色眼鏡のナレーションみたいだと思いました)
そして非常に丁寧で達筆な名刺裏メッセージが印象的であり、クラブホステスの経験でもあったのかと思いました

お江戸マット御殿は、数年後に閉店の憂き目を見ます
残念に思いつつも、小生の頭からはすっかり消えましたが、実は後日、別店で名前をちえ嬢に変えたさとみ嬢と偶然にも再開することになるのでございました


続く



改•新宿秘密倶楽部in上野

15年ほど前にブレイクしたトリップ性感なる営業形態で、今も愛好者は多いようです
それにしても、店名に2ヶ所の地名が使われているところはオトナの事情でしょうか
小生の訪問は高田馬場から上野に移転した後でした

いわゆるM性感の発展系ですが、こちらからのお触りは禁止であり、下着姿の嬢にパウダーで性感マッサされたり顔面騎乗されたり、前立腺マッサージされて最後は手コキで昇天だけではなく、プレイ中に複数の嬢が入室して容赦ない言葉責めを浴びる趣向です

マンションの一室をまるまる使ったお店であり、玄関すぐが受付で狭い待合室がカーテン越しに隣接しています
スーツでキメた受付氏によると、今ならすぐに身長175cmのS嬢をご案内できるとのことで、オプションの集団回診も付けて60分コースに挑戦と相成りました

別階に移動後、トイレを借りて戻ろうとすると異変が…
「なにグズグズしてるの!」
「だらしない身体のくせに、なによこの勃起させたイヤらしいモノは!」

そう言う下着嬢ふたりに両手を引きずられた大柄な同志がすっぱだかで通り過ぎて奥に消えて行きました
引き回しプレイなる3pのオプションらしい
あれはちょっと遠慮したいと思いました

ご案内の長身嬢は黒いブラとショーツそしてガーターで美脚を彩っています
「こちらへどうぞ」
無愛想なのはプレイの趣故か
通されたプレイルームは普通の箱ヘルくらいの面積であり、床に布団が敷かれています

脱衣→セルフシャワーの後にプレイ開始です

「うつ伏せに寝るのよ」
命令口調に従いすっぱだかで背面をさらすと、パウダーがふりかけられるにがわかります
そして一瞬股がる気配と共に腰に重圧が…
嬢の体格からして60kg位の体重でしょうか
完全に背後をとられました

首筋と肩口、肩甲骨と背骨、わき腹と臀部、そして大腿筋から膝裏を容赦ないフィンガーマッサージが襲い大きくあえいでしまいます
そして、追い討ちをかける淫靡な言葉責めが延々続き脱力です
それにしても豊富な語彙に感心します

無限とも思われる時間が経過し、次の責めを強要されます
「よつんばいになりなるのよ」
歓喜の時間に逸物もビンビンです

言われた通りお尻を掲げると、割れ目に冷たいローションが垂らされヒヤッとして一瞬腰が浮き立ち嬢に嘲笑されます
そしてそのまま後ろから覗き込まれ、アナル周りから蟻の戸渡り玉袋筋太郎にローションを塗り伸ばされ爪で責められつつ
「あ~らあなたのお○ンコなにがうれしいのかひくひくうごいてていやらしいわね~おまけになによこの異常に大きなクリトリスはおへそまで届きそうでほんとうにグロテスクで失礼ねぇ~」
亀頭をグリグリつままれ叫んでしまいます

「欲しがり屋さんだねぇ~こうしてやるわぁ~」
指がアナルを襲い、おもむろに深々と差し込まれまれ、続いてゆっくりと前立腺をコリコリと刺激されました
「わかってるわよ~ここあなたのGスポットなんでしょぉ~ほらほらもっと感じて声出すのよ~」

ふと気がつくと、隣室からも同じような声が聞こえます
ウケ狙いと目立ちたがり心がムクムクと頭をもたげます
ようし、こうなったら店内で最も目立ってやろうではないか

オねえ口調でおもいっきしでかい声で叫びました
「あああああぁ~!!きもちいいぃ~!!あたしのお○ンコこわれちゃうぅ~!!おねえさんもいっしょにイッてぇ~!!」
「うるさい!黙れ!」嬢にスパンキングされました
声を出せと言ったのは誰?w
隣室からは同志と嬢の笑い声が聞こえてきました

やった、ウケてる
調子に乗って「オナラじゃないのよぉ!ちょっと空気が入っただけなのぉ!」(石橋貴明風)
「いいかげんにしなさい!」
まるでコントですw

一瞬毒気を抜かれて素に戻ってしまった嬢ですが、気を取り直して小生にちんぐりがえしを強要
アナル責めを続行しつつ逸物を愛撫しだしました
ドアが開かれふたりのミニスカナースが無言のまま入室したのはその時です
ようこそ絶妙のタイミングです

「さっきからふざけて大騒ぎしてるのはこのコね」
「まったくしょうがないわね~こんな恥ずかしい格好で」
「あらあらなによこのグロテスクで大きなクリトリスは」
「このコ潮吹きするところみんなに見てもらいたいのよ。淫乱なコね~」

3人の言葉責めと長身嬢の激しい手コキに3分も持たず昇天しました
自分の精液がスプリンクラーのように降りそそぎます

小生の昇天を見届けて集団回診は終了しました
長身嬢はウェットティッシュで小生を拭きながら「はい、お疲れさま。シャワーを浴びていらっしゃい」
と優しい口調になり終了しました
Mっ気を持ちS嬢に美を求めながらも、SMはちょっとといった同志にはぴったりのプレイでありましょう

同様の店舗は現在もここ等で盛況の模様です

130403ilovefellatio-times.jpg



トルコ風呂

周知の如くですが、現ソープランドは昭和60年くらいまでトルコ風呂と呼ばれていました
当時童貞10代だった小生がその実情を知るわけありませんが、当時を知る先輩から聞いたところによると、大抵の店で個室を仕切る壁面最上部は吹き抜けになっていて隣室の物音やら声が丸聞こえで、のぞくのも自由だったとのこと

だから友達と連れ立って隣室同士になったりすると
「お〜い、まだか〜」などと椅子に登って声をかけたりとか
まるで銭湯に行った新婚夫婦のような、ほのぼのとしたやりとりがあったとか

また、お互いの部屋は行き来自由で姫ふたりと飲み会になったり、甚だしい場合、姫をとりかえっこする穴兄弟の儀式までしたそうな

なんとおおらかな昭和の先達たち

そういえば、ビートたけし御大が漫才ブームの頃、オールナイトニッポンでネタにしていたのですが、おぼ◯こぼ○のおぼ○氏が、四国の方に営業に行った時、夜仕事仲間と一緒にるーとこに行って、るーとこ姫に変なことを言っているのを隣室の芸人仲間が聞きとめ、何ごとかと上のほうからのぞいたら
「おねえさんきれいなお肌だねぇ〜 ボクうれしいよぉ〜」などと言いながら、スケベイスに座らせた姫の身体を嬉々として泡立てて洗っていたのを目撃されたあげく言い触らされ、以降しばらくあっちこっちで「アワ!」と叫ばれまくったのだとか

b0180992_15353774.jpg
普通洗ってもらうところで、逆にねえちゃんを洗ってどうすんだよ!

全盛期だったたけし御大のつっこみが今も耳に残ります


巣鴨 清水

巣鴨大塚に点在していたお座敷サロンの老舗でした
何故過去形かというと、数年前にガサを喰らった模様で、その後潜伏してデリヘル式に
紆余曲折を経て現在場所は同じものの店名をニュー茶楽に変えて大改装のうえ営業続行中であるものの、経営者が同一か否かまでは不明です

もっとも清水になる前は醍醐だったので、摘発→潜伏→改装・改名→又摘発のループは慣れっこかも知れません

小生が摘発前の清水を初訪探したのは四年ほど前
日ピン研の同志諸兄のレポを傾読の上巣鴨に参上
西友裏の駐輪場に自転車を停めてそのまま歩いて入店しました

この窓ひとつ無い西友の側道に面した、清水を含めお座敷サロン数店が軒を並べるスペースの静謐さが実に良い味で、周囲の一般形態のサロンのけばけばしさ騒々しさと対照的ですが、入居している古いマンションのすぐ上の二階のベランダには洗濯物が干してあり、生活感まるだしなのがまた巣鴨ならではです

嬢の写真が大きく貼り出されたB1の受付では、出川哲郎師匠似の店長氏が無愛想に「指名しますか」と聞いてきたので、初めて来た店で嬢の気質も未知なので写真指名を宣言
いちばん若そうに見える嬢に決め、念のためネット割引利用を伝えました
昼間だったので40/6+2-1kとお手頃ですが、ご多分に漏れずベテラン嬢だけでやってるみたいなので、ピチピチギャルをお求めの同志は避けた方がよろしかったかと存じます

造りだけはやたら豪華な待合室にはスポーツ紙がひとつだけ置いてあり、なんともアンバランスな感じです
思うに、元々ソープだったのではないでしょうか

ほどなくご案内となり、待合室の別出口に誘導されるとそこにはアラフォーながら、スリムでロングヘアーのよく似合う和服嬢が控えていました
「こんにちは。ご指名ありがとうございます。お手洗いは大丈夫かしら?」
手際よく純和風のプレイルームへ誘導されますが、この店内広い
ムダに広い気がしますが、上記日ピン研の同志達の指摘にもある通りこれは料亭の造りです

十畳前後と思わしき部屋は、片隅に置かれた小型卓袱台卓上の小さなスタンドライトのみが光源で、意図的か光を背後に対座した嬢のお顔がイマイチわかりづらいものの、せっかくのスタイルを肌荒れが台無しにしているちょっと残念な美人だとわかりましたが、初入店の小生がこのお店独特の構造についてうるさく感想を述べると
「そーなのよ!あたしも面接に来た時は料亭の中居でもやらされるのかと勘違いしたのよ!」
などと調子を合わせてフランクに喋ります

こ頃合いを見計らい
「姐さん元気だね、ボクちんも元気ぃ!」
早くも勃起した逸物をさらけだしますww
爆笑しつつ座布団を並べ、和装を解き(ノーブラでした)パンティー姿で小生を全裸にして、座布団に寝かす嬢

軽いdkから全身リップとヘルス並みのサービスににんまりします
続いてビンビンの逸物をおしぼりで拭うと「あたしはねえ、フェラが大好きなの♫それにしてもしゃぶり甲斐のある格好いいチンチンね」と深く静かなスロート開始です

これが巧い
舌と唾液を適度に絡め、時折空気を交えて抑揚を加えるので、ジュボボォ!ジュルルゥル!ジュジュゥ!というお下劣な音が部屋中に鳴り響きます

ひととおりしゃぶると
「あたしを責めたい?」と聞いてきたので、渡りに船とばかりに攻守交替です
「こうやって脱がせて」とよつんばいになり、高くかかげたかたちの良いヒップからTバックをゆっくりずり下げると、よく使い込んだ褐色のアワビと可憐なAが暗闇にぼんやりと浮かびます
思わずその格好のままクンニをはじめると「あはぁ~ん、せっかちぃ~」
と反応
陰毛とおっぱい越しに目が合うと、なんとも淫靡な表情でほほえみます

「表も責めて」と嬢(多分体勢が楽だから)
dkから乳首を舐め転がしつつ指マンで軽く鳴いてもらいましたが、時間が無くなってきたので再度交代してシックスナインに

最後は嬢のお尻にしがみついて、オ◯ンコに顔を埋め込ませんばかりに押し付けて昇天しました

おしぼりで後処理してもらい、余韻に浸りつつ嬢の身の上など聞くと、元はお水だったけど自分のお店が欲しくなり、かといってパトロン探しも面倒なので、ここで稼いでいるのだとか

93e6965506e94978eec72ec66bbeb0e0.jpg

嬢の成功を祈りつつお別れして帰り際、大きなお盆に数人分の弁当を運ぶ和服の女性とすれ違いましたが、今のはいったい賄い当番の別嬢なのか、はたまた大きな和室を使った会合でもあるのか…
ちなみに出川氏は相変わらず無愛想でしたw

清水の跡を継いだニュー茶楽にいつかいってみたいと考えています







あの重大事件の日も逝きましたww

平成7年3月20日(月)に東京都心で何が起きたのか
すぐにピンとくるお方はアラフォー以上かと存じます

MTW201208290907600115167_1.jpg

小生はこの前夜は休日出勤して営業車で直帰し、当日朝8時に板橋区の下請け業者に直行して、すぐに荷受をして川越街道を都心に向かっていました
大塚のクライアントに9時納品のアポだったのです

当時、移動しつつAMラジオで文化放送をよく聞いていたのですが(志の輔ラジオという、立川志の輔師匠がやっていた番組のアシスタントである水谷加奈アナが好みでした)、番組中臨時ニュースが入ったのは西池袋の手前、山手通り交差点を過ぎた辺りでした
霞ヶ関駅周辺で有毒ガス発生の為被害者多数、日比谷線丸ノ内線は現在不通

ネットも携帯も無い時代で、営業車のカーラジオが唯一の情報源でした
公衆電話を見つけて、すぐに会社に通報しました
都心を回る別チームは地下鉄をよく利用するからです

9時の納品を無事に終え、次のアポである九段下に向かい茗荷谷の裏道を江戸川橋に出た途端、いつもと風景が違うことに気付きました
なんだこの渋滞は?
いつもならばもっと空いていて、飯田橋駅付近までスイスイ行ける筈がまったく動かず

そのうちカーラジオのニュースが妙なことを言いはじめました
警視庁鑑識課の調べによると、有毒ガスは未知の物質で構成されており、緊急搬送された通勤客に多数の重傷者が出ている
そして被害は他多数の地下鉄車輌や駅構内にも広がりつつあり

学生時代に読んだ西村寿行文豪の名作「去りなんいざ狂人の国を」を想起しました
そして、前夜のニュースも
某カルト教団の施設が不審火で出火して警察が捜査
放火の可能性あり

小生の、貧弱な頭脳のなか、ひとつのパズルが組上がりつつありました
数年前の松本サリン事件の時にも関係が噂されたあのカルト教団かも

1時間以上かけて飯田橋駅前の交差点を通過すると、警察消防関係の車輌が目につきはじめました
そうか、この先には皇居はじめ重要防護施設がわんさかある
どうやら臨時の大規模な交通規制も行われているようで渋滞はいっこうに収まらず
上空には数機のヘリが飛び交い戦場の様相です


ほうほうの体でたどり着いた九段下のクライアントも、ほとんどの社員が出社できず連絡も取れずに仕事にならない状態です
この時点で、自分が担当している各お得意先に電話しまくり、ラジオで得た情報を伝達して警戒を呼びかけましたが、驚いたのは、この時点で正確な情報を把握している会社が全く無く、通勤時間と重なったこともあり責任者クラスが相次いで被害路線被害駅で足止めされ、どの会社もパニック状態に陥っていました
携帯電話が普及した現代では考えられないことです

大災害発生時、携帯ラジオ等で正確な情報の把握が必須と言われますが、こういった無差別テロや武力攻撃を受けた場合も同じですね

次のアポは神谷町の外資系商社でした
まさに今大混乱しているあたりを通過せねばならず、かといってアポをすっぽかすわけにもいかず、野次馬的興味も手伝い、片側二車線規制中の内堀通りに乗り入れたものの依然凄まじい渋滞です

臨時ニュースを流しっぱなしのラジオから、男性アナの緊迫した声が聞こえたのは正午近かったと記憶しています
「重大な事実をお伝えします。サリンが検出されました」
やはりそうだったのか
オウム真理教の仕業に違いない

最後のアポ先である浅草橋のメーカーを出たのは午後5時を回っていました
昼食も食べ損なっていたのでその足ですぐそばのラーメン店に入りました
この区域も、馬喰横丁駅で被害が出ていたのでパトカーと救急車が行きかい、救急隊員や病院関係者、警察官ばかりが目につきます
そして大宮駐屯地から出動したらしい災害派遣の陸自化学防護隊員の姿も

疲れ切っていたし仕事にならないので、会社に戻らず直帰することにしましたが、このまま何もせずに帰るのもつまらない

浅草橋にマンション形態の人妻性感があるのを思い出したのはその時です
たしか8kと格安だったこともw


って、ここまで時事ネタ引っ張っといて結局いつものネタかよ!
つーか、最後はお約束かよ!


いくらでもつっこんでくださいませwww

早速店に電話したところ、今日は閑古鳥が鳴いてるからすぐにご案内ですよと店長氏
場所を聞いたら、なんと今いる公衆電話のすぐ前でした

店長氏の言葉に嘘偽りはなく、待合に腰を下ろさぬうちにご案内です
35歳くらいのスリムな熟嬢が下着姿で迎えてくれました
顔は充分に許容範囲だったものの、みみず腫れみたいなシワがお腹に目立ちます
聞けば半年前に出産したばかりだとのこと

ちなみに、この当時は、熟女風俗は未だ日の目を見れていなく、人妻熟女専門店の人気はまだ低く、この店も募集して集まった嬢が年増ばかりなので仕方なく苦し紛れに人妻店と銘打った感は否めません
それにしても、熟女や人妻を謳ってあるところはまだ良心的です
ピチピチギャルしかいないなどと大ウソこいた他所の店でどれだけダマされたことか…

閑話休題

熟嬢もこの日はヒマで、ずっと控え室でテレビの報道特番を見ていたそうです
おかげで事件については実に詳しいw

シャワー後、小生も今日一日体験したことを洗いざらいしゃべり続けたので愚息が萎えましたw
そこで人妻がお仕事開始
お互いバスタオルを脱ぎ、DK→全身リップ→チングリ返しのA舐め→素股→シックスナイン生フェラで疲れ魔羅がそそり勃ちそして昇天です
「膨張率が凄い」と評価されました

マンションを出ると日は落ち、寒くなっていました
あいかわらず緊急車両で埋め尽くされた幹線道路を避け裏道情報を駆使し、埼玉のボロアパートに帰り着き深夜まで報道特番に見入ったのは言うまでもありません



セレブショプ新宿 再び

先月雪の日に逝ってきました
約6年ぶりです

何もかも変わってない

つうか、自己紹介で「卒風俗」とか言いながら行くんじゃねえよ
セルフツッコミですw

ちょうど受付が込み合っていて、アルファベットの番号札をわたされ、待合室で闇金ウシジマ君を読むこと十数分
平日午前から悪天候の影響など微塵も無い盛況ぶりはさすがハレ系グループのの優等生かと

受付に呼ばれフリー宣言し、常連価格税込9.7kを支払い禁止事項にサインして更に待つこと十数分
「お待たせいたしました。再度禁止事項ご確認下さい。ごゆっくりお楽しみください」
風俗にて最も盛り上がる時間です

カーテンの向こうでは小柄で小動物系の美白熟嬢がニッコリと微笑んでいました
「お天気悪いのに来てくれてありがとうございます。お靴お預りしますね。スリッパをどうぞ。お荷物もお持ちしますね。お手洗いは大丈夫?お部屋は4階になります。どうぞご一緒下さいね」
手際よく誘導します
この嬢かなりのベテランと見たが果たして誰か?

プレイルーム入室後自己紹介を受けました
「陣内です。お会いできて嬉しいです。今日はよろしくお願いします」
ph_jinnai_kimiko_sama2.jpeg

え?あの陣内貴美子さん?この嬢がそうなんだ
セレブショップフリークの間では最上級の著名人です
噂ではエロエロのお仕事系熟女ですが、見た目は正反対のおっとりした童顔で43歳には見えません

その陣内さんは、世間話しながら手早く小生の服を全部脱がし下半身だけバスタオルをかけます
しかし、この日もこの1時間前にカマグラゴールドをキメてきたので、早くも臨戦態勢の愚息がバスタオルを持ち上げ野戦テントを張ります

「スゴーイ!たくましいわぁ〜」と陣内嬢
そして自身もピンクの下着姿に
「脱がせてもらえますぅ?」と意味深な目線
もちろん脱がしますったらw

全裸になった陣内貴美子さんは、肌も綺麗だしなによりもJKみたいなピンクで小さい乳頭と乳輪が乗っかった美乳が素晴らしい
あそこのお毛毛もほんのり薄目で、ぜい肉の無い腰回りとあわせて可憐な色気に満ちています

シャワーでは、その可憐な身体で泡まみれで密着され、危うく主砲斉射しそうになります
玉の裏側引っ掻き性感を改めて伝授です

メインのベッドに移っても室内照明量をそのままにしているので「暗くしなくていいの?」
と問うと、最近照明の調節できなくなってしまったとのこと
いかなる意図でしょうか?

さて陣内さんは、小生を仰向けに寝かせると💋を重ねてきました
ソフトなキスです
そしてグロスがそうなのかほんのり甘い香りがします
続いて全身リップに移りますが、ソフトな舌使いが特徴的です
身体表面のあちこちをちょろちょろされ、なにやら仔犬にじゃれつかれて舐められてる感覚です

ハードコアなサービスも結構だけど、この年齢にもなるとこういう癒し系とまったりするのも悪くはないものとおもいました
まさに興尽きせじ陣内喜美子さん

ファイナルはシックスナインで大量射精
「いっぱい出たね~」と言いながら後始末してくれました

シャワー後、以前よく本指名していたものの、第二子御出産で卒業した矢田亜希子嬢の話題を何気なく振ったところ、彼女とはお友だちで今もlineでやりとりしているのだとか
そうかふたりは同世代ですね

勃ちっぱなしがよろしく言っていたと言付けを頼みました
再会は…難しかろうけど

勃ちっぱなしとは、矢田嬢が在籍中、同店のBBSに嬢宛のメッセージを送る際に用いていた、奥田英朗文豪の名作から借用した小生のPNですw
矢田嬢も律儀に「勃ちっぱなしさん。昨日はありがとうございました…」と、きちんとPNを入れて返信するもので、ささやかな楽しみでした

帰路、この熟嬢ふたりと3Pできたらどれだけ楽しかろうかと氷雨にあたりつつ思いました


マックス池袋

MAXグループの総本山とも言うべきこちらは、両側を同業他店に囲まれた、実にまぎらわしい場所に位置しています
ちなみに本社所在地もここみたい

風俗が集中するこの通りは、単身もしくは連れだって歩いている男は、十中八九ヌキに行く途中かヌイた後だと言えます
すぐ一区画隣のラブホ街がカップルで賑わっているのと対照的であり、小生もよくリア充カップルの前ででかい屁をこいていやがらせしたものです

最初にこのエリアで逝った二十数年前、まだMAXは出店しておらず、城三ビルには別経営の大衆ソープが入居していました
但し1号店のゴールドはいちはやく出店していて、よく朝ヌキに逝ったものですw

なんと古きよき池袋かな


MAXに関しては、嬢よりも待合室の同志たちの思い出が強く
「ここ、よく来るの?女の子誰指名した?」などとやたら話しかけてくるおっさん同志
幕下らしき力士二人連れ(ジャージ姿でした)
朝帰りのホスト集団etc...
ホストのお兄ちゃんたちも風俗来るのかと驚きました

そしてさすが本店と言うべきか
スタッフ諸氏の働きぶりも極めて効率的であり、微塵の隙も与えない緊張感に溢れていました
近年は更に二店舗を出店
商売繁盛ご同慶の限りw

ダウンロード (2)

そんなMAXでひとりだけ覚えている嬢はなぎさ嬢
写真では渋い表情ですが実際はおっとりしたぽちゃ気味の25歳です
よく朝まで遊び歩いてそのまま早番出勤する嬢で、待ち時間はずっと熟睡していて、指名でご対面すると
「昨日も寝てないのぉ~寝起きでごめんねぇ~」
これが毎回挨拶代わりでした

とはいっても、お仕事も愛嬌も手を抜くこと無く、小生は毎回2回戦でした
即尺一発マット一発です
正直いってあまりH好きでないなぎさ嬢ですが、気の会った相手とはそこそこ盛り上がるのだとか

むっちりボディを活かしたマットが上手でした


マックス新宿店

歌舞伎町の嬢や姫は、世界最大級の歓楽街における刹那を日々戦いぬいており、無愛想なお仕事系に特化する傾向が強く、加えて、曲者同志相手の修羅場に曝され続けているので、自然、小生のような、しがない素人童貞の変態などは鼻にもかけない態度を取るので意図的に避け続けていました
参照記事はこれこれです

しかし、通い慣れたマックスグループの教育水準と嬢レベルの高さを信じ、リーズナブルな早番狙いで同店を訪問したのは十数年前の猛暑日
朝の十時きっかりにB1F受付に連なる階段を降りました

休みということもあって、Tシャツに短パンというラフすぎる小生の格好に目を見張る受付氏にフリーを宣言
この頃好評だったモーニング割引で30/8kにて待合室入室です

朝から灼熱の屋外に比べて、天国のような広めの待合室で涼むこと約20分
他の同志の姿こそ見えなかったものの、同じような考えのもと朝からヌキに来た同志で盛況のようです

ご案内でイクミ嬢とご対面し「おっはぁ~!」などとおどけてしまい苦笑されます
B2F奥のプレイルームに誘導されますが、ここで火事になったらまず助からないなと人ごとのような考えに及びます
同地にて、セクキャバの嬢客等合わせて44人が犠牲になった痛ましい雑居ビルの火災事件から数年後でした

切れ長の目にロングヘアがよく似合う嬢は28歳の人妻
経産歴は無く、抜群のスタイルそして微乳にニンマリしてしまいますw
結婚2年目のご主人とはラブラブながら、空いた時間が勿体無いので平日の昼間はマックスで小遣い稼ぎしているのだとか
結構な小遣いだこと

冒頭に記した心配に反して無愛想ということは無く、さばさばと受け答えするのは流石に人妻の経験値そしてマックスグループの教育水準です
しかしながら、お仕事そのものにやや難あり(*_*

スピード重視なのか、はたまた手抜きなのか、イス洗いはチンチンとアナルのみ、しかもあっさりであとは適当にシャワーで流すのみ
いつもならここで反応して勃起する愚息も肩透かしを食らいうなだれています

ここで黙っていては、風俗野武士の名折れなので、もっとねっとりねばつくような感じで洗ったほうがいい、せっかく長身なんだから(特に)後方から密着するとより感じる
云々こと細かに指導したところ
「すごく詳しいのね。ひょっとして覆面調査?」と嬢
覆面がこんなこと言うかいなw
images.jpg

指導が効いたのか、続くマットはまずまず
時間の関係で逆マットはおあずけでしたが、おなじみシックスナインで激しく昇天
「いっぱい出たねぇ〜ちょっと甘いかな」といくみ嬢
糖尿病に気をつけます

その後も何度か朝ヌキに利用しました
毎回フリーですが、ハズレが無かったのは流石マックスグループ

ちなみに、つきまとい規制条例発行前夜の当時、嬢たちは皆ひとりの例外もなく、出退勤の道すがら歌舞伎町のホストの勧誘に辟易していたとのことです


プロフィール

havyrotion

Author:havyrotion
齢50到達を機に卒煙そして卒風俗!
記憶の限り、今までのエッチなことを
主に風俗での遊興を中心にカミングアウトしてゆく
アホなおっさんのblogです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR