FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

e&ca 再び

小生がお世話になっているこのfc2にもアクセス解析という便利なツールがあって、己が綴り続ける実に無益な風俗巡りの記録のうち、いったいどんな記事やジャンルが検索されたり閲覧されているのかをリアルタイムで確認することができるのですが、閲覧連日ほぼ1位なのがこちらなのです(UPは昨年の10月)

医療プレイのパイオニアにして老舗である、東新宿のe&ca企画
内心、注目を浴びる可能性も考えていましたが、まさかここまで
というかこればっかりwアクセスしていただく事態は想定外でした
なんせググると3位ですからねw(3月下旬現在)

そんなわけで、直近の受診を思い返してみます
真夏でした・・・

毎度毎度ですが、今回もお食事中の閲覧は強くお勧め致しません
閲覧の結果、気分が悪くなったりご体調を崩されても自己責任です、小生は一切関知しません

都内の医療プレイ店も一巡し、原点回帰で久々にe&ca行きを計画
十数年の変態生活でいっぱしのマニアと化していた小生の準備も万端
たまたま数日前から便秘気味の重い体調も好都合です

医療プレイに臨むにあたっての儀式
風呂場で、首から下の体毛を可能な限りセルフ剃毛しツルツルにて、アフターシェイブケアも欠かしません
石鹸できれいきれいのあと全身に制汗剤を施し、秘蔵のピンクの下着(ブラとショーツ)着用のうえにTシャツと短パンという不気味な変態が誕生
なお、この時から女装用のかつらを用意しました

夕方になり歌舞伎町のマンションNに到着
すっかりお馴染みの狭い待合室で待っていると、診察室から同志患者の奇怪な笑い声が聞こえてきました
声が完全に裏返っています

受付ナース曰く「ちんちんマン」と呼ばれている常連同志患者が尿道責めされているのだとか…

小生この時は今も現役でいるのかどうか、佐伯(?)ナースに担当してもらいました
長身で切れ長の目が特徴的なテクニシャン(たしか本物のナースだったような・・・)

まずは、下着姿になりガーターも着用
持参した女装かつらを被り、全身を触診してもらいます
ナースキャップも被せてもらい、いつものように先輩ナースに診察実習される准看に変身
「いつも自分で無駄毛の処理をしてきて感心ね」(・ω・)

この日は便意に加えて尿意まで我慢してきたので、まず検尿をお願いしたところ、はいどうぞと取り出したは大きな尿瓶(現物初めて見た)

ショーツだけを脱いで診察台に仰向けに寝るように指示され、その通りにすると半勃ちした愚息を下に向け尿瓶をあてがい「出して💚」
この姿勢での排尿は、小学生当時のオネショ以来ですw
じょぼぼぼ~と一気に放水し、開放感に満たされます

続いてお約束の直腸触診です
横に寝て、片足は真っ直ぐもう片足の膝を曲げるシムズ姿勢をとり、お尻を覗き込まれまれ
「剃り残しを処理するから動いちゃダメよ」
ビキニラインの裏側を這い回る安全カミソリの冷たい感触に愚息が反応
「あらあらこんなに大きくなっちゃって気の早いクリちゃんねえ。いやだあオ○ンコまでいやらしく反応してるわよ」

医療用グローブをはめたナースの指が侵入します
ねっちりと腸壁を掻き回され思わず大きな声が出ます
「ウンチもどっさり溜め込んできたわね。そのまま四つんばいになりなさい」
正面の鏡には、性器を勃起させた「うら若き准看」がお尻を突き出して先輩ナースの指でアナルを責められています
あまりにも非日常的な退廃感に笑みが浮かびます
「まだ笑う余裕があるようね」と言うや否や襲いかかるエネマグラ挿入
あえて電マではなく手動でグリグリ責める絶妙の動かしかたに「はひぃぃぃぃん!」と叫んでしまいます
こころあいをみて引き抜かれたエネマグラには便秘便がこびりついていました

次に、そのまま起立を命じられました
直立した状態で、再度アナルに挿れられるナースの指
立ちバックのように上体を倒した方が良いのかと思いきや、そのまま投降兵のように両腕を後頭部に回し組むことを強制されます
ツルツルのワキから滲み出る汗が恥ずかしい
そんな小生が動かないように片腕を腰にまわして密着のナース
ここに限らず、医療プレイ店はナースへのお触りはご法度なのですが、この佐伯ナースだけはこれをしてくれます
しかも、長身なのでナース服越しに彼女の肉感を感じて嬉しい気分です

しかし、そんな気分を吹き飛ばす勢いで襲いかかる前立腺マッサージにビリビリと反応してしまい、勃起した愚息からガマン汁が垂れてナースの左腕を汚します
「勝手に潮なんか吹いてぇ、どうされるかわかっているわね」

待望の婦人科診察台に移ると、両手両足を固定され、あえて薄暗い室内に1つだけある投光器で照らされ、その哀れな姿は鏡に良く映えたうえ、半開きのドアからまる見え
ドアの向こうには時々別ナースが通過します

bunbendai09.jpg

「お浣腸はじめるよ」そう言うと、500ccシリンダーでゆっくりと注入されるグリセリン希釈液
糞詰まりしていたのでたちまち腹部が張り、そしてあの甘味な腹痛に襲われ全身に鳥肌が立ち脂汗を発汗します

「我慢なさい!これぐらい耐えられないで医療現場が勤まると思って?お産の痛みなんてこんなものじゃないよ!あなたは今この苦しみをじっくりと味わうことよ」
先輩ナースの言葉責めに身震いしてしまう

きっかり3分後に排便許可が下り、お馴染みのビニールおむつが処置されます
「さあ、全部見ててあげるから出しなさい」
出せと言われると出したくなくなるものですが、物理的な限界には抗いきれません
「あぁパイセンぅ~んイキますぅ~」
ブシャ~!ブリッ!ブビビビぃ~!ビィィィィ~!
いつもより有毒ガスも溜まっていたようで凄まじくもぶざまなラッパ音が店中に響き渡ります
隣で待機中らしき先ほどの別ナースの笑い声が聞こえてきました
恥ずかし過ぎる…

取り合えず数日分の便秘便を出しきり安堵と快楽のあまり再度放尿してしまい、ビニールおむつから湯気が立ち上ぼります
そのおむつの処理を手際よく終えて、新しいおむつをセットしなおしたナースによって今度はクスコが差し込まれます
キリキリと拡張され、解剖される感覚に気が遠くなります
「まだ出しきっていないわね。お薬を入れましょう」
そう言ってピンセットでお湯に浸した丸い脱脂綿を次々に詰め込まれ、腸壁に微妙な感覚が広がります

そして1000ccシリンダー浣腸噐による注入です
この重量1kg以上の円柱形物質を楽々安定して操作できる佐伯ナースの腕力も見事です
更に口にかませられるボールギャグ
「うるさいから少し黙ってて」w

「今度はもっと我慢よ!あなたみたいな変態女は荒治療でいくからね」
今にも溢れそうな排便感と腹痛に耐えるアナルに指を入れ、先に詰め込まれた脱脂綿をぐちゅぐちゅかき回すと、排便神経が刺激されブシュッ!ブッシュッ!と断続的に汚水が噴出
快感にヨダレが垂れ、そして涙が流れます

ああ、この厳しくも美しい先輩の練習台にされたあたし
このまま永遠にモルモットとして飼育•調教されたらどれだけ幸せか…

その願いに応えるように取り出したはアナルパールです
ローションを絡めたお団子がひとつひとつ焦らすように挿入されすべて飲み込みました
「絞めっぱなしでいなさい」
括約筋の抵抗も空しくパールは一気に引き抜かれ、残便が飛び散り佐伯ナースの手袋にも付着
おそろしい快感に腰を振り呻いてしまいます

次は、大きめのバイブを挿入されて放置プレイ
鏡には、拘束され口を塞がれた己の女装した裸身が…
そのグロテスクで惨めな姿に再度愚息が勃起しています

どうやら一服してきたらしい佐伯ナース(ヤニ臭かったw)が戻り、腸洗浄の準備に掛かります
脚立に登り、2リットルイルリガートルに微温水をヤカンで注ぐのですが、毎回いかにも金物屋の店頭にありそうな金色ヤカンが使われていて、この空間で唯一日常を意識する瞬間ですw

ワセリンを塗った嘴管が直腸奥深くに差し込まれます
S字結腸まで届いたかも知れず
これやられる度、解剖される錯覚に酔いしれます

ここから少し間があるので、e&ca名物院内相互診察体験談を拝聴します
「年に一回、うちのオーナー主催の慰安旅行があるのよ(このオーナーというのがふたりの老オカマだという情報あり)。温泉つきの広い貸別荘に器材と器具薬剤全部持ち込みして、朝から晩まで全員参加の浣腸レズ大会するの。もちろんあたしも責めて責められたよ。今年は、新人を集団でいじくりまわして楽しかった」
正直まゆつばですww
真偽を疑う同志の情報もあります
まあ、文字通りリップサービスかと

腸洗浄は、きっかり2リットル注ぎ込まれ、5分間悶絶を味わった末の排泄許可
医療プレイから遠ざかっていた間に、結構宿便が溜まっていたようで、次から次にこれでもかとブリブリ出てきます
「便色が濃いから食生活に注意しないと大腸癌になりやすい」と健康指導

完全に脱力して、婦人科診察台が住処のごとくぐったりくつろぐ小生に、この甘美な診察の終了が近づいてきました
佐伯ナースの合図で同僚ナースが二人入室
ひとりは佐伯ナースと同じきつめのベテランタイプですが、もうひとりはB級ロリ系の小柄ナースです💚

「診察の結果、やはりあなたはとんでもない淫乱の両性具有者にして救いようのない超変態だと診断されました。これから精液を強制的に採集します。珍しい症例なので、このふたりにも見学してもらいます」冷たい事務的な口調に様変わりしています

しょんぼりしていた愚息にローションがたらされ、ナースの指が亀頭を愛撫するとたちまち元気を取り戻します
「この膨張率は間違いなく変態ね。血管がグロテスクに浮き出てるわ」と長身の見学ナース
ロリナースはフル勃起した愚息を携帯で撮影
二人とも冷たい上から目線です

佐伯ナースは、再度前立腺を刺激し始めました
そしてオナホールに愚息を差し込み、上の口からローションを継ぎ足しピストン運動を強化
ひとたまりもありません
おぁあガッガッガ!!ぁ~おぉぉんっ!!いぃぃぎぃっ!!
白目むいて大きく腰を振ってしまいます
昇天と同時にオナホールの上口はずる剥かれ、顔を出した亀頭の先端から盛大に噴出した精液が放物線を描いて自分の腹部に降り注ぎます

「まあ、いやらしい、こんなにいっぱい潮吹いて」
「なま臭い潮ねえ、栗の花臭ぁ~」

ふたりの見学ナースは勝手なことを喋ると退散しました

佐伯ナースは、愚息を摘まんだまま暫し小生と視線を合わせ、数秒後
ニッコリ微笑んで
「ハイ、終了ぉ~!お疲れさまでしたぁ~」
余韻勃ちの快感に身を任せつつハイとうなずくのがやっとでした
佐伯ナース本来はこういうキャラなのねw

汚れを落としてもらい拘束を解いてもらい、ブラとガーターを脱ぎ、キャップとかつらを外し素っ裸でシャワーまでいって終了です

ナースに別れを告げ、夜の歌舞伎町に踏み出しました
パイチンにノーパンなので夜風が心地よい

それにしてもこの界隈も時の移り変わりが激しい
初めてe&caに来たとき、職安通りは二重駐車の黒塗りベンツに占拠され、ひとめでそれとわかる組関係者が肩で風を切って集団で闊歩していたものでしたが、最近はそっちの人々はすっかり姿を見せず、街角はハングルに侵されいったいどこの国だか分からない景観です


PS:e&ca企画関係者様
若し、拙ブログがきっかけで来院された新規の同志患者がいたら、小生の割り引きポイントとして頂けまいか
ご連絡お待ちいたしておりますw




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

havyrotion

Author:havyrotion
齢50到達を機に卒煙そして卒風俗!
記憶の限り、今までのエッチなことを
主に風俗での遊興を中心にカミングアウトしてゆく
アホなおっさんのblogです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。