FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴬谷 熟女濃密3P

今を去ること二十五年ほど前の盛夏、職場の人間関係でイラついていた小生は、日頃の精緻極まりない情報収集は何処へやら、内外タイムス掲載の三行広告店に突進したのでした
若さ故、無鉄砲極まりなく…

それまで鴬谷風俗は、地雷そしてトンスル半島系の情報が多いため忌避していましたが、その日の小生は猛暑のせいもありアタマのネジがぶっ飛び気味でした

件の三行広告には「人妻 3P 鴬谷」としかありません(+電話番号)
まあ要するにふたりの熟女を相手にG基盤
あわよくばレズ観賞もできるかな
などと思いつつ電話してみると、無愛想な老婆の声で
「100/40k(?)で発射無制限ですが予約しますか?しないなら電話しないで下さい」
とのこと

この強気の背景は嬢の少なさなのか、ひょっとするとこの婆さん自身が来る可能性も無視出来ないかも
取り敢えず1時間後の予約を入れて鴬谷に直行しました

真夏の太陽の下熱中症になりつつ、それでも股間だけは意気揚々と狭いラブホにin
クーラーの冷気に当たって頭を冷やし、ひとあしお先にシャワーを浴びてフルチンでベッドに大の字になりAV観賞しつつふたりを待ちます

待ち合わせに遅れること十分、チャイムが鳴りました
期待と不安を抱きつつ全裸でふたりをお出迎えします

ドアを開けるとそこには、「期待」と「不安」を具現化したふたりの女性がいました

ひとりはまさにアタリ、年齢こそアラフォー気味ながら愛嬌ある顔立ちのスレンダー熟女でロングの黒髪がよく似合っています
少し東Cずるさん似w

そしてもうひとりがお約束の地雷w
熟女というよりはK沼M恵子さんを更にケバくした50代らしき初老女
電話に出たのはこのひとなのかも
なにより驚いたのは大阪のおばちゃん然としたパンチパーマです
これはもう失望を通り越して笑ってしまうしかない

もっとも驚きと失笑を買ったのは相手方も同様で、半勃ちしたおちんこまるだしで挨拶する小生に目を丸くしつつ腹を抱えています
井手らっきょ師匠の例に違わず全裸芸はその場を和ませる効果大

さっそく入室させ支払いを済ませるや意外に丁寧なご挨拶
特にK沼さんは全裸の小生を相手に、時候の慣用句を優雅に駆使し教養の深さを垣間見せるものの、この場にはあんまり必要ないので
「それぐらいでいいから普通にやりましょう」と愚息を前に出すや
「ではお言葉に甘えていただきますと」ぱくりとくわえねっとり即尺
大ベテランの技にたちまちフル勃起ですw

一方の東さんは素早く脱衣
見事な微乳ながら下半身の肉付きはアラフォーならでは
仰向けになった小生に覆い被さりDKするのでお○ンコ触ると早くも濡れています

じゅぼじゅぼと下品極まりない音をたてながら愚息をしゃぶり続けるK沼さんも
器用にしゃぶりながら脱衣
「すぐにしたいですか?まずはどちらとしますか?」と東さん
おまかせでいいよと答えると
「わたしに入れてくださいませ。生でどうぞ」と大股開くK沼さん
意外にきれいな色をしています

2週間の禁欲を経、怒髪天を衝かんばかりの愚息は、矢も射てもたまわず初老女のお○ンコに突進
深々挿入するや「うぎゃおぉ~!!もっと激しくお○ンコしてぇ~!!」と絶叫のK沼熟嬢

後年、年齢差や見た目の優劣は、男女のまぐわいそのものとは次元の異なる問題であり、いざ性行為に及べば誰でも本能を優先させる事に気づくのですが、この当時素人童貞の小生は、自分のことは棚にあげて、風俗嬢の品評には異様なこだわりを持っていましたが、上記の如くズコバコ始めてしまえばどうでもよし
そう、こに場では互いの性器が主役なのです

熟れきり垂れきったおぱーいと腹の贅肉をたっぷんたっぷんさせながら叫び啼くK沼熟嬢の上に乗ってガンガン突きまくりながら東熟嬢に指二本立てでくっちゃくちゃさせつつふりしぼるように昇天
互いの粘る体液で満たされた空間になおも猛る愚息をなだめるべくピストン運動をペースダウンさせます
風俗における充実感溢れるHは、なぜこうもお好み外の相手にのみ得られるのか不思議です

「あ~気持ちよかった💕あなた素敵ね」とネバく笑うK沼熟嬢は小生の排出した精液を内腿に垂れ流しつつお掃除フェラ
「あたしも指でイかされちゃったぁ」と東熟嬢(うそこけw)

一服した後は、風呂場でふたりに好きにされました
サンドウィッチで泡踊りされ再度勃起の愚息がWフェラでふたりの唾液まみれになってしまっています
今度はそのまま東熟嬢に立ちバックでパンパンさせて中出汁
K沼熟嬢とは対照的な可憐かつむせび泣くような啼き声が浴室に響きます

合体したまま余韻にひたりつつ背後から東熟嬢の微乳を揉んでいると、K沼熟嬢が後ろからアナルを舐めてくれました

まだ時間があるので、部屋で雑談していると
「もう一回したい?今度は私たちに挿れ比べして」とK沼熟嬢

穴兄弟の女性版はなんと言うのだろうかと問いかけると
「わたしたちとっくにイチモツ姉妹です」と笑う東熟嬢
深く納得です

取り敢えず、K沼熟嬢と一緒に東熟嬢を責めることにしました
トリプルDKそして両乳舐め、啼き喘ぐ東熟嬢のお股を開くや、あたしが舐めてあげるとK沼熟嬢
この時女同志のクンニを、生で初めて見ました

同性の性器をひととおり舐め倒し、休む間もなくひくつくオ○ンコを指責めするK沼熟嬢は言葉責めも巧みです
「あらまあいやらしいオ○ンコねえ。こんなに濡らしてあなたの淫乱オ○ンコひくひく蠢いて違う生き物みたいよお。さっき出してもらった精子と愛液混ざりあってものすごい匂いさせてえほんとうに淫乱オ○ンコねえ」
がらがら声でなければもっとよかった…w

実にエロい情景ながら、さすがに2発抜いた愚息は容易に勃起しません
仰向けに寝るように促され、東熟嬢がシックスナイン体制で愚息をくわえますが、さすがにさっき中出汁したオ○ンコを舐める気にはならず、指二本挿れで啼かせると、玉袋の裏側から蟻の戸渡そしてAナルに舌を這わせるK沼熟嬢
真夏の昼下がり、うらぶれたラブホの一室にはふたりの熟嬢が啼き喘ぎつつ唾液を啜る下品極まりない音がじゅぼじゅぼ鳴り響き、ベッドサイドの鏡には醜悪かつ淫靡な光景丸写しw

息のあった舌技に我が愚息をフル勃起させた熟嬢2名、今度は並んで四つん這いになり、垂れたお尻をこっちに向けます
ふたつのオ○ンコに挿れ比べると、意外にもK沼熟嬢のほうが締まるのに気付きます
続けて東熟嬢をひっくり返し正常位で突きまくるや
「壊れちゃうよぉぉぉ」と啼き喘ぐ熟嬢に三度目を出汁切りました

「おにいさんたくましくて強いからわたしたちもう今日は仕事にならないわあ」
と社交辞令のK沼熟嬢
浴室で小生を洗体し、ふたり並んで自分の膣内を洗浄すると、泡だった精液が排水口に…
我が子孫汁がぞんざいに扱われる様を見るにつけ複雑な気分になります

さすがに疲れたので、サービスタイム一杯昼寝をしようと思い、終わったとたんに事務的に変貌したふたりを帰らせその後1時間ほど全裸のままうたた寝した後鴬谷をあとにしました

性感染症罹患の危険が警鐘されつつあった当時、自分だけは関係なかろう
例え感染したとてどうせ結婚はおろか素人女性に一生縁の無い己ひとり花柳に病めど誰一人気にすることも無しと開き直っておりました

その後、常時中出汁営業の熟嬢ふたりが息災かどうか知る気にもなれず、鴬谷風俗の利用は二度とありませんでした








スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

havyrotion

Author:havyrotion
齢50到達を機に卒煙そして卒風俗!
記憶の限り、今までのエッチなことを
主に風俗での遊興を中心にカミングアウトしてゆく
アホなおっさんのblogです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。